北国の知恵その2! 居酒屋で出せる南東北の鍋料理4選

0120835153 携帯電話・PHSからもOK 受付時間 9:00〜18:00

メールでご予約 無料お見積もり お問合せ ハシモト布団の特徴 座布団リース

スタッフブログ情報


2018年2月11日 北国の知恵その2! 居酒屋で出せる南東北の鍋料理4選

雪国である東北は、冬を乗り切るためのたくさんの鍋料理があります。今日は、関東からも新幹線で便利にアクセスできる、南東北エリアの鍋料理の中から、居酒屋でもご提供できるお鍋を厳選してご紹介します。関東のお雑煮と似ている部分もあるので、関東の方なら親近感のわくお鍋もあるかもしれませんよ!

 

芋煮(山形県)

芋煮とは、毎年9月から10月に行われるイベントです。大きなお鍋で、里芋や野菜、お肉などの具材を煮込んでみんなで楽しみます。ご当地である山形県では、幼稚園や保育園のイベント、自治会の集まりに芋煮があります。それだけでなく、親族や友達同士でも芋煮を楽しみます。まさに山形県のパーティピーポーが楽しむのが芋煮なのです!

山形は米沢に代表するおいしい牛肉の聖地のため、芋煮には牛肉を使います。牛肉に長ネギ、里芋、他たっぷりの野菜を使用します。ポイントは、あらかじめぐつぐつ煮込んで野菜を柔らかくしておいた中に、牛肉はさっと火が通るくらいで食べる!あくが出ない&牛肉が硬くなるのを防ぐためなので、新鮮な牛肉を使うのがおすすめ。味付けは砂糖とお酒、だし、醤油味です。すき焼きの割り下と似た風味ですので、芋煮と一緒にお酒を楽しむ方も多いですよ。

 

芋煮(宮城県)

実は山形風の芋煮だけでなく、宮城県仙台風の芋煮も存在しているのご存知でしたか?仙台風の芋煮は味噌味です。豚肉に、里芋やニンジン大根、ごぼうやこんにゃくを入れて煮込む…と豚汁みたい!と思うかもしれませんが、これにぶなしめじなどのきのこと白菜が入ります。

寒ダラ汁(山形県)

大きなタラをそのまま鍋に入れて楽しむ鍋料理です。まずタラの肝と味噌仕立ての鍋で味付けを出し、身、白子の順番に入れます。そして、本場の山形県庄内市の味にしたいなら、最後に岩ノリのトッピングを忘れずに!

ひっつみ(はっと、なげともいわれる事も・東北全域)

小麦粉と水で作るすいとんは、鍋の具材としても楽しめます。東北全域ではひっつみと呼ばれるすいとん鍋がたくさんあります。野菜とすいとんを使った家庭的なシンプルなひっつみから、何と今はひっつみにもアレンジが進み、洋風の味付けのひっつみまであるとか!伝統ひっつみ、味噌ひっつみ、トマトチーズひっつみ、キムチ味ひっつみと、バリエーションを作れば居酒屋のお客様にも受けること間違いなし!

まとめ

南とは言え、雪国である南東北。家庭やコミュニティから派生した体の温まる鍋料理も多いので、わいわい宴会メニューとしても活用できそうなメニューがたくさんあり

北国の知恵その2! 居酒屋で出せる南東北の鍋料理4選